大きな声では言えない看護師の再雇用事情

Posted on

再就職支援研修を受けよう

opweihrfjkds

ブランクが空いたナースが復職するのに
不安があるのは普通のことです。

再雇用で果たして以前のような活躍ができるのかどうか、
あのときの感覚が戻ってくるかということが一番だと言えます。
 

しかし、何が不安か漠然として
わかっていない状況では前には進めません。

不安を取り除くには現場復帰への足掛かりを
作っていかなければならないのです。
 

再就職支援研修というのがあるので、
ここで最新の医療やブランクがあった時に
変わったやり方などいろいろ学ぶ
事が出来ます。

各都道府県で研修を受け付けているので、
そこで勘を取り戻すというのが一つのやり方です。

 

 

復職支援を受けながら探す事も可能

その他には、復職支援を受けながら
仕事を探すというやり方があります。

これは、仕事を探しつつ感覚も取り戻せるので、
時間がない人にはお勧め
です。
 

求人情報だけでは、どういう機械が
その病院に設置されているかなどはわかりません。

実際に面接に行くことや、そこの院内に入らなければ
知ることは難しいでしょう。
 

結果的に給料面や自宅から近いかどうか、
待遇などから選ぶことになるので、
自分がイメージしているところに就職できるかはわかりません。

そういう時はパートとして働いて、
あとから正式に勤めるようにすれば問題解決
です。

 

 

昔のままの体力ではない

mjdgjdsg

体力があるころの感覚をいつまでも覚えている人は危険です。

ランニングや激しい運動をすることで、
ものすごい息切れをしたり筋肉痛で
次の日動けなくなったりした経験はないでしょうか。
 

ブランクがあると元に戻すには
相当の努力が必要とも言われています。
ナースの仕事でも同じです。

あの頃は準夜勤の後でも、遊びに行くことができたのに
今では絶対無理という人もいるでしょう。
 

あの頃できていたという自信は、
失敗を招く大きな原因になりかねない
のです。

年齢とともに体力は知らない間に落ちているのです。
 

若いころと同じような生活をすると、
仕事中に倒れてしまうことも考えられます。

 

 

今の自分に出来る事を理解する

再雇用の求人で張り切って採用をされて
過去の自分と同じような生活態度でいると、
最悪の場合医療事故を起こしかねません。

ある程度の技術の衰えはないにしても、
老眼が進んだり目がかすんだり、記憶があいまいになったりと、
 

自覚をしているものから全く自覚がないものまで
様々なことが浮き彫りになったりするのです。

では、再雇用でも職場に復帰できないかというと
そうではありません。
 

今の自分に出来ること、
昔の自分でなければできなかったことなどを、
第三者の視点から冷静な判断することが必要でしょう。